スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク|-|-

凍り始める天塩川

しばらく雪が降り続いていた道北。特に、中川から音威子府、美深までの天塩川中流部の降雪量はとてつもなく、除雪車も一日になんども出動していた。それでも、この辺りにある1000m以下の山では、まだササがちょろちょろと顔を出し、山スキーにはちょっと雪が足りないといったところだ。

 

 

 

4月に中川に引っ越して、毎日15分ほどの通勤をするようになった。吹雪の日は、ホワイトアウトの中を帰らねばならなかったりでちょっと怖いが、今日のように天気が落ち着いた日は、四季折々の天塩川、見栄えのするパンケ山、ペンケ山を眺めながらの贅沢な運転となる。

 

今朝は、天塩川に上流からいくつもの氷が流れていた。この小さな氷の塊は、川の屈曲部で引っかかったり、それらがくっつき合ったりしながら、いつか天塩川の中流部から下流部全体を覆うまでになる。今日は放射冷却で急に冷え込んだためか、川面からもやがでていた。冬の間、天塩川の中流域にはもやが出て留まりやすく、よく雲海をみることができる。

 

 

 

森の葉も落ち、なんだか景色全体が寂しげな11月上旬には、冬の訪れをいやがっていたけど、いざばっちり雪が積もると景色が一辺...美しいものになると、本格的な冬が楽しみになるから不思議だ。

 

今年は、同僚に教えてもらいながら初めて鮭の飯鮓作りに挑戦している。鮭、米、麹、各種の野菜をミルフィーユ状に重ねて、クマイザサの葉っぱで蓋をし、材料をセットする。今後も、40日ほど重しをのせ変えたり温度管理など、まだまだ気が抜けないが、全てうまく行けば、年末頃にはできあがる筈。

 

 

 

研究や山の合間にも、少しずつ土地のことを生活の中に取り入れながら、冬ならではの時間を楽しんでいきたい。

 

 

Posted by makocchi-1129comments(0)|-

ロシアの山火事でできた炭が枯死した根の分解を促進する

ということをSemyonさんたちと報告した論文がSoil Biology & Biochemistry誌に受理されました。山火事は、発生時に木々を燃やすばかりではなく、できた炭が土のにこった枯死根の分解を促進し続けることで、森林から放出される二酸化炭素量を多く保つことを示唆しています。

 

成果の概要はメディアで取り上げていただいているので、そちらを見てみてください。

 

日刊工業新聞

 

マイナビ

 

今回、大学の広報を通じてはじめてプレスリリースを出してみました。結果、こうしてメディアに取り上げていただき、成果が一般のひとにより多く伝わることになりました。基礎科学の研究であっても、一般の方が興味を持ちそうな成果は、アウトプットも積極的に行っていきたいと思った次第です。

Posted by makocchi-1129comments(0)|-

女子たちの夏 in 苗畑

学会から帰ってくると、すぐにバングラデシュからの研修生Juthiが問寒別にやってきました。

約一ヶ月、私たちの研究室でどんなことをしているのかを見学•体験してもらっています。

ちょうど色々なところから研究者や学生が来ているので皆との交流が楽しそう。

 

 

さっそく、日本女子大の上田研究室の皆さんが来てくれました(チーム横国は引き続き滞在中〜)。

今週はみんなで、雪解け時期を早める操作実験をしている苗畑の苗木の形質測定です。

 

 

 

単純作業も皆でワイワイするとあっという間。謎に満ちた女子大の中のことを勉強させてもらいながら、楽しく調査をすることができました。お盆もすぎると、道北の空、風、木々はすこしずつ、しかし着実に秋めいていくのがわかるようになります。

 

 

Posted by makocchi-1129comments(0)|-

アメリカ生態学会とWind River Experimental Forest, とビール

8月上旬、アメリカ生態学会に参加するためにPortaldへ行ってきました。

 

学会は噂通りの大きさにビビりましたが、David Wardle, Peter Vitousek, Anurag Agrawal, Lawrence Walkerなどの大御所の現在進行形の話題、日本の学会ではあまりみかけない北方林とかツンドラの研究とか、自分の研究テーマに近い発表が沢山あり楽しめました。

 

 

自分は「変動環境下における一次遷移」のセッションで話題提供をしました。セッションへの参加者は少なめで残念でしたが、よく読んでいた論文の著者たちとセッション中〜後に色々と話ができ、今後の研究の方向性について有意義なコメントをもらえました。お金があればやりたい事は色々ありますなー。

 

Portlandはビールが美味しく、Abiskoの仲間や久しぶりにあう炭の研究仲間、うっしーやたっちゃんなど、夜は毎晩誰か彼かと飲んでいました。おかげで体重が...。

 

 

学会終了後に帰国まで半日あったのですが、去年、天塩研究林に滞在していたメリッサとショーンに、University of Wasigntonが色々な研究を展開しているWind River Experimental Forestへ連れて行ってもらいました。

 

 

 

 

林齢が600年という苔むした巨木がたくさん生える中に巨大なフラックスタワーがあり、全ての気にナンバータグが付けられています。その規模や、約100年も続けられてきたというモニタリングの成果を聞きながら、まだまだ天塩研究林も出来る事が沢山あるな、と思いました。

 

Posted by makocchi-1129comments(0)|-

横浜国大な夏

今年も横浜国大•森研究室の皆さんが天塩研究林に長期滞在し調査をしています。

 

 

これまでの旱魃実験の他にも新しいプロジェクトが動き始め、賑やかです。

 

忙しい調査の合間をぬって、休日には夏祭りにも参加してくれました。

 

 

 

 

他の大学の学生もいて賑やかな問寒別の夏。

 

小林研は道北各地の森林でミミズを掘り歩いています。

 

Posted by makocchi-1129comments(0)|-

現在進行形のAbisko

温暖化が北極圏のツンドラ植生へ及ぼす影響に関するプロジェクトを立ち上げるため、一週間程前からスウェーデン北部のAbiskoという村に滞在しています。この村には研究員時代に2年間住み、大事な友人、お世話になった人がたくさんいる、自分にとって「第二のふるさと」とも言える場所です。

 

フィールドワークの準備も一段落したので、昨日はヌオーリア山を経てコルサーバーゲという氷河が削ってできた谷まで歩いてきました。白夜の時期というのに、例年とは比べ物にならない大雪のせいで、まだ山のツンドラは夏とは言えない様子です。縞状に雪が残る景色、芽吹いたばかり植物たちは変わらず美しい一方、アビスコも少しずつ変わっていっています。

 

自分が住んでいたときに働いていた研究所の職員達も、別の場所で職を得たり退職したりで散り散りになり、見慣れた顔も大分減りました。自分の中で「かけがえのない思い出」だったAbiskoの様子が変わっていくことを悲しく思う気持ちがある一方、ここにくる目的があり続け、現在進行形でAbiskoと関わる事ができていることに幸せを感じている自分もいます。

 

変わりゆくAbisko

変わらないAbisko

変わっていく自分の変わらない部分

 

それらを受け入れたりしながら、遠い場所にいながらも、いつまでもこの土地と一緒に生きていけたらと思います。

 

 

 

 

 

Posted by makocchi-1129comments(0)|-

春はいそがしい

4月最後の週末、元気と則ちゃんと利尻へ。久しぶりに山らしい山に登った。

土日とも天気が良く、絶景を楽しみながらの山旅。最高でした。

 

 

これにて雪と戯れる日々も一段落か。

 

下界では雪もすっかり解け、土も呼吸をし始めるし、木々も芽吹き始めます。

チーム雪解けの丸毛さんは、早くも測定シーズンまっただ中です。

 

Posted by makocchi-1129comments(0)|-

大規模操作実験な春

さて、今年も雪解け操作実験の時期がやってきました。

温暖化に伴って進んでいる雪解けの早まりが森の植物や土壌に及ぼす影響を調べるため、森の雪を溶かしてその影響をみます。

 

森全体がどんな影響を受けるのか知りたい。

じゃあ、森を丸ごと操作しちゃおうよ、というのは北大研究林伝統のクレイジーな発想。で以下のようなジェットヒーターを用いた大面積操作実験を実施しています。

 

 

 

 

去年の雪解け操作で影響が出たものも出なかったものもありますが、その確からしさを検証するため、今シーズンも操作実験を行います。

 

まだ雪深い道北ですが、早くもフィールドシーズン開始です。

Posted by makocchi-1129comments(0)|-

生態学会@早稲田

今週は早稲田大学で開催されていた生態学会に参加していました。

研究室からは以下の3件を発表。

 

**********************************

 

融雪時期の違いが樹木の葉形質に及ぼす影響は個体サイズによって異なるか?

丸毛絵梨香•高木健太郎•関宰•小林真

 

高カルシウム条件に対するミミズの局所適応: その検証と窒素循環における重要性

河上智也•磯田玲華•橋床泰之•小林真

 

雪解け時期の早まりが下層植生と成木へ及ぼす影響の違い: 大面積操作実験による検証

小林真•片山歩美•丸毛絵梨香•Bryanin SV•高木健太郎

 

**********************************

 

 

 

どの発表にも多くの方に聞いていただき、今後の方向性などについて有益なコメントをいただきました。

河上くんは物質循環部門でポスター賞優秀賞を受賞しました! 良かったね。

 

会期中には来年度の研究の打ち合わせもいくつかすることができ、有益な時間でした。

 

関東はもうサクラの時期。まだ遠い道北へ、ちゃくちゃくと桜前線は近づいていきます。

さて、いよいよ来週から雪解け実験の開始です。

 

 

 

 

 

Posted by makocchi-1129comments(0)|-

論文: 山火事跡地で炭が多い場所は大きな木の根の活性は高いが下層植生の根の活性は低い

去年の8-12月に当研究室に滞在していた研究員セミョ太郎ことセミョンとの論文が受理されました。

 

Bryanin, S.V., Makoto, K. (in press) Fire-derived charcoal affect fine root vitality in post-fire Gmelin larch forest: Field evidence. Plant and Soil.

 

山火事で炭ができて土の中に混ざると、土の化学性が植物の好む条件に変わり、植物の根の成長が良くなることが知られています。しかし、過去の研究のほとんどは、実験室内で植木鉢に木を植えて炭を(時にはありえないほどの量を)与えて検証したもので「実際の山火事跡地で炭が根に及ぼす影響」についてはわかっていませんでした。

 

↑アムール州にある研究サイトの1つ。山火事直後の森は炭だらけ。

 

本研究では極東ロシアの山火事跡地に行き、土の中にある炭の量と植物の細根の活性(生きた根に対する死んだ根の割合として計算)について調べました。

 

炭の量が多い場所では、樹木の根の活性が高い一方、下層植生の根の活性は低くなっていました。炭が多いと下層植生の根の活性が低くなっていた事については、炭が多い場所で樹木の根が増えることで、樹木と競争関係にある下層植生が負の影響を受け、結果として根が減ってしまったのではないかと考えています。今後は操作実験を交えて、上の予想を検証したいと思っています。

 

セミョンとは、修士時代から10年来の付き合いで、ロシアでの研究のときにいつもサポートをしてくれています。

ただ、「日露研究あるある」として、現地の人に自分のサポートをしてもらうことはあれ、現地の人の研究を日本人がサポートして英文の論文としてまとめることは少ないのが現状です。背景には、ロシアでは英語で論文をまとめることが、これまで求められていなかったという事情もあります。ただ、ロシアも変わってきており「若い世代が研究費を獲得していくためには、世界に認められる英語の論文が必要だ」と、セミョンは言います。

 

今回、日本滞在中に彼が筆頭で論文をまとめることができた事は、今後、相互に利益がある形で日露間で研究を進めていく上で重要な一歩であると思っています。だから、嬉しさもひと塩!

 

セミョ太郎、お疲れさま。そしてみなさま続編をお楽しみに!

 

**以下、セミョ太郎との思い出**

 

あゆみちゃんと、北海道のササ地にて土壌呼吸を測る。

 

研究室のメンバー + うめ子姫との鍋Party。

 

Posted by makocchi-1129comments(0)|-
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
顎ろぐ
北海道北部を拠点に森林の研究をしている小林真があちこち歩き回って考えたこと・見たものを紹介するページです。 Keyword: 樹、土、ミミズ、北方林、ツンドラ、バオバブ、登山
PROFILE
LINKS
OTHERS
template by msrbn