<< 誰よりも早く咲く花home

Yosemite 2019

このブログ、しばらくの間、方向性が曖昧で筆が進まなかったけど、研究室用のブログを新たに開設したので、こちらは山用にしようと。

40歳を前に、以前ほど山には行けていないが、それでもしぶとく楽しく山にいった記録を、備忘録的に投稿して行きたい。

 

さて、心機一転、久しぶりの投稿は、今月行って来たYosemiteへのクライミングトリップ。

 

 

この後に及んで使っていなかった夏休み休暇と、カミさんの類稀なる理解力を最大限に活用?し、カナダ在中の山ちゃんを誘って10日ほど行ってきた。11月...出発前には、いろんな人に「この時期、寒くないの?」と言われて心配だったが、開けてびっくり、むしろ日中の南面の壁は暑くて軽く脱水症状になったくらい。涼しい場所を選べば岩はカピカピに乾いているというとても良い気候条件の中、クライミングができた。

 

せっかくYosemiteに行くなら日本ではなかなかできないことをしたい!ということで、Big-wallではないが、13ピッチと比較的長いEl CapのはじっこにあるEast Buttress (5.10b)を第一の目標として現地入りした。しかし、初日にWarm-upで登ったNutckacker (5.8, 5ピッチ)で、低グレードにも関わらず予想外の苦戦をしいられるなど、色々な不安材料がでてきた。翌日がEast Buttressという日のテントの中で、寝袋にくるまって色々考えた結果、断念することに。悔しさはあれど、勢いでいっちゃえない部分も含めて、それが今の自分の実力。この葛藤と悔しさを忘れるべからず。

 

代わりに、Bishops Terrace (5.8, 2ピッチ), Central Pillar of Frenzy (5.9, 5ピッチ), Moby dick (5.10a, Singleピッチ)など、短い期間ではあったけどクラッシックなルートをなるべくたくさん登って、まずはヨセミテの花崗岩に慣れることを心がけた。

 

CPFがあるMiddle Cathedral Rock. このValleyは、どこを切り取っても絵になる。

 

CPFの1ピッチ目のアゴ。

 

CPFの3ピッチ目をフォローする山ちゃん。

 

5ピッチ目を登り終えて。振り返ると....

 

でっかいEl Captainがそびえ立つなんとも贅沢なエリア。

 

登った中でも、Central Pillar of Frenzyは、フィンガー、Off-width, ハングのハンドなど色々な要素のクライミングが楽しめるルートで、とても楽しいクライミングができた。また、出発前に友人から薦められていたMoby Dickは、ルートの後半で疲れて来たころにでてくる核心を、気合いで登りオンサイトすることができ、嬉しかった。

 

クライミング自体や登った壁以外にも(の方が?)、自分の魂を揺さぶるものがある滞在だった。この谷にきてから、ずっと目の前にそびえ立っているが取り付いてもいないEl CaptainのBig wallの魅力や, Camp4に数ヶ月単位で滞在しているクライマー達の熱量。これから自分の人生のどのくらいの位置付けで、山、クライミングと向き合っていくべきなのかを考える必要があると思わされた。

 

壁の下部にあるMoby Dickリードするアゴ。登り切って振り返ってみえる眼下の景色よりも、目の前にそびえ立つ、上部岩壁のでかさばかりが際立つ。

 

 

憧れだったCamp4。この時期は、混んでいなかったが、ハイシーズンでは場所の確保すら難しいこともあるらしい。

国立公園内なので、焚き火用の焚き木は基本的には購入しなければならないが、これが1〜2日で使う分に10ドルほどと、結構な値段である。

 

 

岩場へのトレイルにも大きな木が生えていて気持ちが良い。

 

 

 

 

 

山火事跡地。かなりの強度、面積の火事だったようだ。

 

 

懐かしのDr. Pepperや季節限定のビールも楽しむ。

 

Yosemite Lodge内にあるカフェのベンチ。ボルダリングマット贅沢に使いすぎ笑。

 

 

どこだかの雑誌に「Yosemiteは始まりの場所であると同時に、目標の場所である」みたいなことを書いてあったけど、本当にそのとおりだな思った。クライミングの楽しさを改めて認識することができるという意味での「はじまり」であると同時に、一生かけても登る事ができないであろう難しい目標が常にあり続ける場所でもある。

 

また、来よう。なんどでも。

 

最後に、一緒にいってくれた山ちゃん、練習に付き合ってくれた皆さん, そしてワンオペ子育てになるにも関わらず、快く送り出してくれたカミさんと娘にありがとう。

 

Posted by makocchi-1129comments(0)|-

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク|-|-









S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
顎ろぐ
北海道北部を拠点に森林の研究をしている小林真があちこち歩き回って考えたこと・見たものを紹介するページです。 Keyword: 樹、土、ミミズ、北方林、ツンドラ、バオバブ、登山
PROFILE
LINKS
OTHERS
template by msrbn