<< 実りの冬home野外操作実験な天塩の春 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク|-|-

ポロヌプリ

日程: 2018年4月5日〜6日

メンバー: 小泉、佐野、小林

行動概略:

4/7: パンケナイ林道除雪終点 (4:30) – (6:30) Co173 (8:30) – (9:30) Co174二股– (11:15) Peak (12:15) – (13:30) Co173でC1

4/8: C1 (8:10) – パンケナイ林道除雪終点 (9:45)

 

行動詳細:

4/7: まだ夜が明けぬ暗闇の中、中川から枝幸町の歌登まで車を走らせ、町外れのパンケナイ林道へ入る。除雪は、Co35にある牛舎までしかされておらず、ここで車を止める。春グマも出ているという話で、暗闇の中を歩くのは物騒....明るくなりはじめるまで適当に時間を潰してから出発。10kmほど林道を歩く。Co137の広くなっているところでテントを発見し、先に入山していた2人と合流。太い針葉樹に囲まれ、沢の音が聞こえる気持ちのよいテン場だ。

 朝飯を食べたりしてから再出発。途中、雪に埋まった採石場を横目に見ながら林道をCo174二股まで。ここから支流に入る。二股周辺は、すでに沢が開いていたが50mも標高をあげればそれも埋まっていた。スノーブリッジを適当に渡渉しながら、Co597ポコ下の斜面まで。ジグを切りながら快適に標高を稼ぐと美しいダケカンバの疎林が広がっていた。ポコは北から巻いて、稜線へ出る。Co608の尾根が細くなってきたところでスキーをデポし、尾根をツボ足で駆け上がる。ピークでは、ガスのため展望は望めなかったが、石灰岩が出ていたり、コケモモ、ガンコウラン、ハイマツが生えていてアルペン情緒を楽しめた。

 

 

 

ピークからの西側斜面はスキーをしたら楽しそうであるが、東側はかなり崖になっている。私たちはスキーをデポしたところまでツボ足で降りてからスキー。今朝から降っていた新雪のおかげで、予想外に快適な疎林のツリーランを楽しんだ。あっという間にテン場まで帰り着き、明るいうちからウイスキーをあおる。道北の静かな森の奥で、至福の時間だ。

 

 

 

4/8: ゆっくり起き出して、うどんを食べ下山開始。出発した頃は晴れ模様だったのに、車に着く頃には、なぜか雪が降る始末。結局、この山行中、一回もポロヌプリのピークを拝めなかったが、まあそんな時もある。天塩川温泉に入って、昼飯食って帰宅。久しぶりに深い懐に抱かれるような山に登れて楽しかった。

 

Posted by makocchi-1129comments(0)|-

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク|-|-









S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
顎ろぐ
北海道北部を拠点に森林の研究をしている小林真があちこち歩き回って考えたこと・見たものを紹介するページです。 Keyword: 樹、土、ミミズ、北方林、ツンドラ、バオバブ、登山
PROFILE
LINKS
OTHERS
template by msrbn