<< 論文: 山火事跡地で炭が多い場所は大きな木の根の活性は高いが下層植生の根の活性は低いhome大規模操作実験な春 >>

生態学会@早稲田

今週は早稲田大学で開催されていた生態学会に参加していました。

研究室からは以下の3件を発表。

 

**********************************

 

融雪時期の違いが樹木の葉形質に及ぼす影響は個体サイズによって異なるか?

丸毛絵梨香•高木健太郎•関宰•小林真

 

高カルシウム条件に対するミミズの局所適応: その検証と窒素循環における重要性

河上智也•磯田玲華•橋床泰之•小林真

 

雪解け時期の早まりが下層植生と成木へ及ぼす影響の違い: 大面積操作実験による検証

小林真•片山歩美•丸毛絵梨香•Bryanin SV•高木健太郎

 

**********************************

 

 

 

どの発表にも多くの方に聞いていただき、今後の方向性などについて有益なコメントをいただきました。

河上くんは物質循環部門でポスター賞優秀賞を受賞しました! 良かったね。

 

会期中には来年度の研究の打ち合わせもいくつかすることができ、有益な時間でした。

 

関東はもうサクラの時期。まだ遠い道北へ、ちゃくちゃくと桜前線は近づいていきます。

さて、いよいよ来週から雪解け実験の開始です。

 

 

 

 

 

Posted by makocchi-1129comments(0)|-

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク|-|-









S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
顎ろぐ
北海道北部を拠点に森林の研究をしている小林真があちこち歩き回って考えたこと・見たものを紹介するページです。 Keyword: 樹、土、ミミズ、北方林、ツンドラ、バオバブ、登山
PROFILE
LINKS
OTHERS
template by msrbn