<< 松本へhome論文: 山火事跡地で炭が多い場所は大きな木の根の活性は高いが下層植生の根の活性は低い >>

2016年から2017年へ。

今年一番の寒波が北海道を襲い、ここ問寒別でも朝から除雪車が動き回っている。

シーズン初めのドカ雪にも関わらず、その後は雪がふらず平年以下の積雪量か?と思っていたが、地元の人がよく言うように「結局最後は帳尻があって例年並みになるんだ」ということだろうか。

 

新年になって2週間たってしまったが少し2016年のことを。何よりも大きかったのは、初めて学生が研究室に配属されたこと。そして海外からの学生/研究員も数ヶ月ずつ滞在してくれ賑やかな1年だった。学生たちは自分では思いもしない結果の示し方、考察をしてきて(ときどき的外れでもあるんだが笑)、一緒に研究していると一人でやるのとはテーマの深め方、幅の広がり方も段違い。成果のいくつかはまとまりつつあり、学生たちの論文が発表されはじめれば、研究室も少し軌道に乗り始めるというところだと思う。

 

一方で、自分が筆頭の論文は余り書けなかったのが大反省...。「論文書きなさい」というなら自分はそれ以上書かねば。今年は、朝晩の時間を有効につかって、今年がプロジェクト最終年となる雪解けの論文や、進めているメタ解析の論文をまとめたい。

 

遠路はるばる研究林を訪れてくれた研究者も多く、一緒に山に行って専門外の話を聞けたり、色々な調査の仕方を見ることができたのが面白かった。来年もそんな年にできたらいいな、より多くの方に利用してもらえるべく精進したい。今年こそは研究林Tシャツ作りたいな...←そこ?

 

 

 

 

プライベートでは、結婚後1年ちょっとが過ぎて、何となくしっくりしてきたというところだろうか。相変わらずの別居生活ではあるけど自分たちなりのペースで楽しめていると思う。

 

山の方は、フリークライミングによく行った。そのおかげでシーズン始めに目標としていたルートも登れた。山で難しいルートをトライする上でもフリーの力は役立つ。今年の目標はずばり「月の石」。でも、山勘や体力は山に行っていないと衰えてくる気がする。この岩を登って、最終的にはどんな山をやりたいのか。そのビジョンも持ちつつ、今年は、山とフリーのバランスを考えながら登って行きたい。年末はかみさんと台湾へクライミングツアー。沢山のルートが登れ、現地の人たちとも仲良くなり、見たことの無い美味しい料理も色々たべれて満喫した。

 

 

 

 

今年も宜しくお願いします。もっとブログも更新します。

 

 

Posted by makocchi-1129comments(2)|-

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク|-|-
お久しぶりです。覚えてらっしゃいますでしょうか。
2010年にAbiskoのスーパーでお会いした赤錆です。
まだhotmailのアドレスは使ってらっしゃいますか?
赤錆|2017/03/02 14:01
とてもお久しぶりです!懐かしい&#12316;
hotmailつかっていなくて、makoto.baobab@ジーメイルとなります!
あご|2017/03/03 13:52









S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
顎ろぐ
北海道北部を拠点に森林の研究をしている小林真があちこち歩き回って考えたこと・見たものを紹介するページです。 Keyword: 樹、土、ミミズ、北方林、ツンドラ、バオバブ、登山
PROFILE
LINKS
OTHERS
template by msrbn