<< 森林フィールド トレーニングを終えてhome結婚しました >>

Umeaより

共同研究者であるReinerが、進行中のプロジェクトの打ち合わせをするために天塩研究林などを訪れてくれました。







いくつかのセミナーを開いたり今後の研究について話し合いつつ、
週末は原始ケ原にいったり温泉に入ったり。晩秋の北海道を満喫してくれたと思います。



原始が原にて。





ここ1-2年、道北で立ち上げたプロジェクトに集中するため海外調査は控えていましたが、レイナーと道すがら話しながら、今後、どのような形で北方林ー北極圏ツンドラでの研究に関わっていくべきかを考えていました。

地に足をつけつつも、挑戦的なテーマがそこにあるのであれば海外調査も再開したい。
ムズムズしながら大人しくしていた分、よくよく狙いを定めて動き出そうと思います。

ここ天塩でも根雪まであと少し。雪解けプロジェクトでもうちょっ〜とだけ来年へ向けた仕掛けを続けます。
まだ積もるなよ〜。
Posted by makocchi-1129comments(0)|-

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク|-|-









S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
顎ろぐ
北海道北部を拠点に森林の研究をしている小林真があちこち歩き回って考えたこと・見たものを紹介するページです。 Keyword: 樹、土、ミミズ、北方林、ツンドラ、バオバブ、登山
PROFILE
LINKS
OTHERS
template by msrbn