<< 帰りたーくなーったよー?homeできる男への道… >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク|-|-

ボブ・サムのお話

 
昨日の夕方、北大にクリンキッドインディアンのボブサムさんが来て
クリンキッドに伝わる神話を聞く会があった。

ボブさんのことは、星野道夫の本や、ガイアシンフォニーという映画などでしっていた。
そんな人が北大に来て生で話を聞けるとということで、とっても楽しみだった。

神話の内容は、
なぜ、蚊がこの世に生まれた時のことにまつわる物語なのだが、
そこに登場する人物の気持ちを通じて
人が、考えなければいけないことを、伝えてくれる

物語のなかでは、
悲しいときや、辛いときに、人が強くあるために必要なことが
話されていた気がする

当日は、ボブさんのほかにもアイヌの方がトンコリという弦楽器を演奏してくれたり
ユカラとよばれるアイヌに伝わる神話・民謡を聞かせてくれたりと
とっても浸れた時間だった。
Posted by makocchi-1129comments(8)|-

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク|-|-
えぇ〜!!なぜそんないいお話がそんなところで聞けちゃうんですか!どういうこと??いいなー(>_<)
ネイティブフェスがあったときに大学の明るいホールでレイブンの話を聞いたけど、それでもやっぱりすごかったなぁ。ボブサムのお話聞きたーい。うらやましいですー!!!!
Ayaka|2009/09/20 18:57
>Ayakaちゃん

Hello? アラスカにいらっさるAyaka姫には、
さぞうらやましいことでしょう。

でしょでしょ?いいでしょー?
当日は、えんしゅーりんのユタくんを拉致っていってきました。ネイティブふぇすって、そっちこそいいなー。

当日は、くらーい、いい感じの所でだったよ。
ほんとは、焚火やら日を囲んで聞くもんだとのことなので
めをつぶって、想像したりしながら聞いとりました。

でも最近、周りにこの手の話をできるやつがへったっす。
友達減ったな〜。
ago|2009/09/20 21:23
友達になってください。。。
この夏は南に下ってナバホインディアンの方とちょこっとお話する機会(そんなたいそうなものじゃないな…手作りのターコイズネックレスを買っただけ)があったんですが、「アラスカのネイティブの人とはそれぞれ言葉がちょっと違ったり、同じ単語でも意味が違う言葉があったりして微妙に話しが通じない」といっていて面白かったです。しかも、乾燥地帯ならではの雨を呼ぶココペリっていう蟻がモチーフの笛吹き精霊みたいなのがいたり、それぞれクランがあっても動物が違って、おもしろ〜い!って感じでしたよ。ドリームキャッチャーも微妙に違う。ターコイズの色も微妙に違う。ナバホの人たちは手話も結構使うらしくてそれもおもしろかったな。
いや、とにかくボブサムのお話を生で聞けるなんてほんと〜にうらやまし〜です〜!!
Ayaka|2009/09/21 16:19
あやかちゃん

もう一度、友達からはじめましょうか(笑)
って、そーゆー話ができる人が札幌から減ったな、って意味っす。

同じ単語でも意味が違う言葉っていうのが面白いね
偶然同じ読み方の単語ができ来たのか、
同じ単語だったのの使われ方がかわっていったのか。

文化人類学もどきを楽しむと、旅が楽しくなるよねー。
ブルックス山脈の北側の時の話も、帰国したら聞かせてね。

あれ、ココペリ?ってさ、なんかそういう名前のものなかったっけか?ひっぴーの七尾さかきさんっていう人が
そんな名前の何かをいってたような。昔の記憶であいまいです。

ドリームキャッチャーも編み方が違ったり、ひっ掛ってるものが違ったりするんだべか。

ま、話はそれましたが、ボブは良かった。
で、いつ帰ってくるんだい、AyakaとItsu兄は?
ago|2009/09/21 17:47
兄は10月1日に帰国します。
私は12月23日かな?何もなければ。
札幌でたくさんお話できるの楽しみにしてます。
Ayaka|2009/09/23 12:40
札幌で待っております!

みんなでっかくなって帰って来て頂戴(T_T)
あご|2009/09/24 09:56
Ayakaさんもあごさんもよいですなー

東京のcoyote編集部の地下に池澤夏樹とかボブサムとかが
お話にくるスペースがあるのですが、
URLはこれです
http://www.switch-pub.co.jp/topics/rainy_day_070507.html
富士山軟禁中の僕はめったに行けません。

この前はボブサムのお話が聞ける!ってことで
意気揚揚と申しこもうとしたら、当然の如く出張で
行けませんでした(涙)
9月25日なんであごさんの聞いたのと同じ日程くらいですかね。

池澤夏樹のお話も直前に出張入っていけませんでした…

最近は、アラスカとかに思いを寄せる時間が
とんと減ってしまって悲しいのですが、
治山堰堤のことならだいぶ詳しくなりましたので、
御質問あればどんどん下さい。

はぁ
もとき|2009/09/26 16:07
>もさん

出張お疲れ様です。
Switch Publishingがはいってるビル?
南青山の本屋だよね?
イベントではなく一回いったことあるけど
マニアな本がたくさんで面白いとこだよ。

金はあっても時間はないもさんには、
セレブな休日の午後をすごすのにぴったりではないでしょうかー。

そのうち、ムラムラぼーそうして
アラスカの氷河に堰堤を作るーなんて事にならないように。

そいでは。
ago|2009/09/27 16:52









S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECENT ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
RECOMMEND
顎ろぐ
北海道北部を拠点に森林の研究をしている小林真があちこち歩き回って考えたこと・見たものを紹介するページです。 Keyword: 樹、土、ミミズ、北方林、ツンドラ、バオバブ、登山
PROFILE
LINKS
OTHERS
template by msrbn